1blog.jp

〜フツーの会社員が日々の雑記を徒然なるままに〜

ライフハック

野球グローブの紐交換 上手な結び方③土手と手入口部分編

2019年9月22日

  1. HOME >

野球グローブの紐交換 上手な結び方③土手と手入口部分編

2019年9月22日

 

グローブの紐が切れたけど、お店に交換をお願いすると高い・・・

自分でできるのかな?

 

そんな方のために、紐交換の具体的な方法を、グローブの部位毎に記事にしてみました。

交換に必要な紐の長さも記載していますので、無駄なく交換することが可能です。

 

こんな方におすすめ

  • 紐交換を自分でやってみたい
  • どんな道具が必要か知りたい
  • なぜ紐がすぐ切れるのか知りたい

 

野球グローブの紐交換 上手な結び方③土手紐と手入口部分編

 

土手部分の紐の通し方を解説します。

他の部位を交換したい方は、以下の「部位別まとめ」からどうぞ。

 

野球グローブの紐交換 上手な結び方~事前準備編~

続きを見る

 

土手部分の紐交換については、グローブの形により多少異なりますが、以下の写真を参考にして頂ければ誰でも簡単に通すことができます。

なお、土手部分に関しては、

  • ①紐を通した方が良い部分(上の土手部分)
  • ②紐を通さなくても良い部分(下の土手部分)

2つが存在します。

最後に手入口部分を締めて終わりです。

 

野球グローブの紐交換 土手紐(上段)の紐の結び方:必要な紐の長さは約55cm

 

まずは必須部分。

土手部分の紐を通していきます。

 

 

起点は小指甲側から。

紐の表側が捕球目に来るように通していきます。

 

 

土手部分①に関しては、調整の余地が少ないのでこの時点で結び目を作ってしまって大丈夫です。

 

 

どんどん通していきます。

 

 

ここまで来たら少しだけ注意です。

これまではジグザグに通していましたが、ここから捕球面側は、同じ穴を利用します。

 

 

どんどん通していきます。

 

 

ここまできたら、少し進路変更です。

 

 

捕球面側は同じ穴を利用してどんどん通していきます。

 

 

この調子でどんどん通します。

 

 

最後はこちらから外に出し、紐を結べば完了です。

 

 

お疲れ様でした。

 

野球グローブの紐交換 土手紐(下)の紐の結び方 必要な紐の長さ:約40cm

 

続いて土手部分(下)です。

こちらに関しては、グローブの硬さを調整するためのものなので、通しても通さなくても大丈夫です。

 

 

この穴から通し始めます。

手のひらの捕球面からではなく、中の綿部分から。

 

 

順番にどんどん通していきます。

 

 

土手の親指の反対側には穴が無いため、そのまま収納しておきましょう。

紐の端を、綿と手の甲の皮の間に挟み込んでおきます。

このままどんどん通していきます。

 

 

ここまで通したら、後は外側まで紐を通して結べば完了です。

 

 

以上で終了です。

 

野球グローブの紐交換 手入口部分の紐の結び方:必要な紐の長さは約80㎝

 

手入口の紐の通し方は、「順巻き」「逆巻き」などがあるようですが、とりあえずは深く考えず順巻きで。

起点はこちら。

 

 

そのままどんどん巻きつけていきます。

 

 

この時、紐の端も一緒に巻き込んでしまいます。

 

 

紐の端部分を巻き込む点だけ注意すれば、後は反対側まで同じように巻きつけていくだけです。

 

 

最後の穴だけ2回通します。

 

 

通したら以下の写真のように、紐の端をこれまで巻いてきた紐の中にくぐらせます。

 

 

強く引っ張って、余った紐を切れば完了です。

 

 

お疲れ様でした。

 

紐のお手入れ、サボっていませんか?

 

この記事をご覧頂いている方。

恐らく、切れてしまったグローブの紐を、自分で結び直そうとしている人でしょう。

自分自身で治そうとする心意気、きっとグローブを大事に扱っている方だと思います。

 

しかし、一点だけ。

 

なぜグローブの紐が切れたか?

 

考えたことはありますか?

 

長年、愛用しているグローブだから?

 

そうですよね。私もここ数年、土日はずっと使っています。

自分のグローブを愛しすぎて、一切、他に浮気していません。

 

一生懸命練習しているから??

 

分かります。私も一生懸命練習しているつもりです。

特に土手や指先の紐は痛みが激しいですよね・・・。

 

・・・・

 

よ~く考えて下さい。

 

紐自体について、意識してお手入れをしていますでしょうか。

 

当たり前ですが、紐だって立派なグローブの一部。

ちゃんと革でできており、お手入れをするのとしないのとでは伸縮性やしなやかさ、ひいてはグローブ本体の性能に大きく影響します。

 

紐のお手入れ

  • 日々、紐の裏まで歯ブラシなどでしっかり汚れを落とす
  • 一か所に負担がかからないよう、定期的に締め直す
  • 意識してオイルを浸透させる

 

これらをしっかりやれば、グローブ本体の性能が全然違ってきます。

特に買ったばかりの紐は固く乾燥しており、固形のグラブオイルでは浸透性の面で弱いです。

以下のような液体オイルを使用し、紐の内部までしっかり浸透させてあげましょう。

 

 

※スプレータイプのオイルがありますが、紐自体を狙い撃ちするのは難しいです。

液体+ハケで集中的に塗るのをおすすめします。

 

これをやっておくだけで、紐の持ちとグローブ自体の伸縮性が全然違ってきます。

騙されたと思って試してみて下さい。

 

偉そうに書いてしまいましたが、実はこれ、行きつけのスポーツ用品店のオッチャンに私が言われた内容なのです笑

オイルを浸透させると本当に性能が変わりますよ!

 

紐交換の方法は、以下のまとめからどうぞ。

部位別に検索が可能です。

野球グローブの紐交換 上手な結び方~部位別のまとめ~

続きを見る

今回使用した道具は以下。

ヒモはどれか一つ。ラジオペンチは自宅にあるものか100均で買ってくれば大丈夫です。

※せっかくの紐を外す機会なので、クリーナーやオイルを使って普段紐で隠れて見えない部分をケアしましょう。

-ライフハック

Copyright© 1blog.jp , 2020 All Rights Reserved.