1blog.jp

〜フツーの会社員が日々の雑記を徒然なるままに〜

PC・ガジェット

デッドバイデイライト(DbD)初心者向けコントローラー ~ホールド連射機能付きがおすすめ~

2020年12月7日

 

ココに注意

2021年5月のアップデート「4.7.0」以降、フックに吊られた際の連射は不要になりました※スキルチェックになりました

そのため当記事に記載されているホールド連射機能は不要です。どちらかお好きな方を選んで頂いて問題ないと思います。

 

 

デッドバイデイライト(DBD)PC版、キーボードでプレーするとすぐにやられてしまう・・・
おすすめのコントローラーはどれ?

 

2016年にPC版が発売され、いまだに根強い人気を誇っているデッドバイデイライト(DBD)。

本田翼や狩野英孝がプレーしていることでも有名です。

ですが、初心者がPCのキーボードでプレーするのはかなり難しいと思います。

そこでDBD初心者におすすめのコントローラーをまとめてみました。

 

どちらも実際に購入して試しています。

結論として、連射機能が付いている「EDGE」をおすすめします。

 

 

 

なお当ページにたどり着いた方の中で、「スティックの効きが悪くなったので買い替えたい」という方は、先にコンタクトスプレーを試してみましょう。

 

それ、ラグじゃなくてコントローラの接触不良かも ~コンタクトスプレーを使ってみよう~

続きを見る

 

キーボードによるゲーム操作が難しい理由

 

まずはキーボード操作がなぜ難しいかを考えてみましょう。

 

理由①ボタンが多く慣れるまでが大変

 

まずはこちら。ボタンが多いのでとにかく慣れるまでが大変なんです。

移動に着目した場合、デフォルトでは以下のボタン配置になります。

 

アクション キーボードのボタン
前進
A
後退

 

これら全てを左手で行わないといけません。

コントローラーでゲームを行ってきた我々にとってはかなり辛いです。

 

理由②姿勢が固定化されてしまい、疲れる

 

当然ですが、PCのキーボードで操作するので、PCやモニタに対面してプレーする形になります。

コントローラーと違い、コタツに寝転んでのプレーはできません。

姿勢が固定化されてしまうため、首や肩に負担がかかります。

 

理由③視点移動が速すぎ、人によっては酔う

 

これはキーボードというよりマウス操作のデメリットになりますが、マウスでの視点変更は上下左右自由自在に変更できるため、一部の初心者の方にとっては酔ってしまう場合があります。

 

理由④「ちょっとだけ移動」ができない

 

キーボードは「押す」「押さない」の2択。

WASDによる移動も、押せば進み離せば止まるというシンプルなものです。

が、コントローラーのスティック移動の場合、少しだけ倒すことで「ちょっとだけ移動」することができます。

例えばレリー記念研究所(治療シアター)やファザー・キャンベルズ・チャペル、ギデオン食肉工場の2階に穴が開いている所があると思いますが、穴に落ちないギリギリの所で隠密する、というようなことも可能です。

 

キーボードの使うことのメリット

 

反対に、キーボードの方が良い点もあります。

 

キーボードのメリット①操作が速い

 

当たり前ですが、ボタン1つにつき1操作が割り当てられているため、慣れれば操作が速いです。

但しこの「慣れれば」が大変。

初心者は素直にコントローラーを購入するのが得策です。

 

キーボードのメリット②視点切り替えも速い

 

特にキラーをやる方は、視点操作の切り替えが早いキーボード操作(マウス操作)の方が、慣れれば有利です。

コントローラーだとどうしても視点操作が遅くなるためです。

恐らく、上級キラーはほとんどがキーボードでプレーしています。

 

ただし、初心者の目標は、まずはサバイバーで死なないようにプレーすること。

そのためにはコントローラーがあった方が良いです。

 

ここからは実際に私が買って試したおすすめのコントローラーをご紹介します。

 

デッドバイデイライト(DbD)初心者向けコントローラー ~ホールド連射機能付きがおすすめ~

 

私が購入した2つのコントローラーを比較します。

どちらを選んでも大ハズレはありません。プレースタイルによってご検討下さい。

 

EDGE301(ホリ) F301r(Logicool)
連射機能 あり 無し
ボタン 多少硬い 硬い
接続 USB(有線) USB(有線)
価格 約3,000円 約2,000円

 

ちなみに私は、あえてUSB有線接続のものにしています。

安物コントローラーで微妙なディレイが生じるのではないかとイマイチ信用できなかったことと、本体に電池が含まれることで重くなるのが嫌なのです。

どちらの製品も特別な設定なしでPCに接続さえすればすぐ使えます。

デフォルトではアクションが同じボタンに割り当てられている(仲間を回復させようとして、近くの板を倒してしまう)などの問題はありますが、操作に慣れた頃に割り当てを変えれば良いです。

 

連射機能ありの場合:ゲーミングパッド EDGE301(ホリ)

 

 

個人的に一番おすすめしたいのがこちらの「ホリ ゲーミングパッド EDGE301」。

普段私が使っているものです。

フォルムは以下のような感じ。色はマットなブラックです。

 

 

成人男性の大きな手にすっぽりと収まる、心地よい大きさです。

 

 

左右のアナログスティックはトップが凹んでおり、絶妙な操作が可能となっています。

 

 

このゲーミングパッド、何が良いかというと、

  • 任意のタイミングで連射オン/オフできる
  • 連射ボタンのホールドが簡単にできる

です。

初心者サバイバーはすぐにキラーに吊られてしまうと思いますが、2回目に吊られた時に「B」ボタンをホールド連射するだけで、落ち着いて助けを待てるわけです。

 

2回目に吊られると、Bボタンを連打しないと即死してしまうわけですが、

 

 

落ち着いて「TURBO」を押しながら「B」を2回押します。

 

 

1回押した場合は通常の連射モード。2回押せばホールド連射モード(ボタンを押さなくても連射を維持してくれる)です。

吊られた時にホールド連射モードにしておけば、あとはコーヒーでも飲みながら落ち着いて仲間の助けを待てるわけです。

更にもう一度「TURBO」を押しながら「B」を押せば、連射モードが解除されます。

 

実際にはそれほど頑張って連射をしなくても良いのですが、「連射をしないと即死する」という精神的プレッシャーから解放されるので、是非おすすめしたいです。

 

一つだけ課題があるとすれば、連射機能の解除操作が若干面倒な点。

「TURBO」ボタンを押しながら連射したいボタンを押すたびに「通常連射」→「ホールド連射」→「連射なし」と変わるのですが、モニタから目を落としてコントローラー中央のLED部分を見ないと、現在の連射モードがどれだか分かりません。

もしくはコントローラー左側の「TURBO」を押しながら、こちらも左側の「BACK」を押せば解除可能ではあるものの、とっさにこの操作を行うことは難しく、やはりコントローラーに目を落とさないといけないわけです。

慣れの問題かもしれませんが、初めはちょっと戸惑うかもしれません。

 

参考までにマニュアルはこちらになります。

 

 

 

連射機能無しの場合:ゲームパッドF310r(Logicool)

 

 

連射機能不要の方、もしくは初めてのコントローラー選びでなるべく安いものを購入したい場合は、こちらの「LogicoolゲームパッドF310r」がおすすめです。

フォルムは以下の通り。「EDGE301」と比較すると若干丸みを帯びたデザインです。

 

 

こちらも、成人男性の手にすっぽりと収まる心地よい大きさ。

 

 

個人的に少しだけ苦手なのが、

  • LT、RTボタンがかなり深い
  • A、B、X、Yボタンが硬い

点です。

このあたりに目をつぶれば、EDGE301と比較して1,000円以上も安いので、コスパを求める方におすすめできると思います。

 

参考までにマニュアルはこちらです。

 

 

 

慣れてきたら多機能コントローラーも良い

 

初心者用コントローラーでゲームに慣れたら、このままコントローラーを使い続けるか、キーボード&マウス操作に切り替えるかの判断を迫られることになります。

特にキラーをやる場合はキーボード&マウス操作の方が視点移動が速くかなり有利。

ですが、その際に

  • 今後も、主にサバイバー主体でプレーする予定
  • 更にゲームを極めたい

という場合は、以下のような多機能コントローラーもおすすめ。

 

「仲間を回復させる」「板を倒す」というような個別アクションごとにボタンを分けることが可能になります。

 

 

それぞれの商品のレビュー欄を見て頂ければ分かると思いますが、「もうこのコントローラー無しではゲームできない」という声もちらほら。

 

デッドバイデイライト(DbD)初心者向けコントローラー ~ホールド連射機能付きがおすすめ~ まとめ

 

まとめとして、デッドバイデイライト(DbD)プレー時におすすめするのはホリのEDGE301です。

 

 

LogicoolのF310rと比較して若干高いものの、ホールド連射機能があるため、サバイバープレー時にフックに吊られても即死しない安心感は金額に代えがたいです。

DbD初心者の方には是非こちらのコントローラーのご購入をおすすめします。

 

-PC・ガジェット

Copyright© 1blog.jp , 2021 All Rights Reserved.