事件・事故・災害

【知床観光船事故】運行会社の事業許可取り消しへ…聴聞に社長出席せず

北海津知床沖の観光船沈没事故で、北海道運輸局は14日午前、運航会社の事業許可の取り消し処分を前に聴聞を行いました。桂田精一社長は出席しませんでしたが、国交省が近く取り消し処分を行う見込みです。

運航会社・知床遊覧船に対する聴聞は14日午前、札幌市内の北海道運輸局で行われました。しかし、13日夜、会社側からの陳述書が提出されていて桂田精一社長は聴聞には出席しませんでした。

4月に発生した沈没事故では、14人が死亡、12人が行方不明となっていて、事故後の特別監査では19の法令違反が発覚。国交省は最も重い行政処分となる「事業許可の取り消し」を行う方針を示していました。

斉藤国交相は14日の会見で、「聴聞の結果を踏まえてすみやかに処分内容を決定したい」と話しています。
(2022年6月14日放送「ストレイトニュース」より)

#北海道 #知床半島 #観光船 #日テレ #ストレイトニュース #ニュース

◇日本テレビ報道局のSNS
Facebook https://www.facebook.com/ntvnews24
Instagram https://www.instagram.com/ntv_news24/?hl=ja
TikTok https://www.tiktok.com/@ntv.news
Twitter https://twitter.com/news24ntv

◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS HP
https://news.ntv.co.jp

-事件・事故・災害

© 2022 あざらし情報局