ネットの声・評判

マイクロプラスチック問題は胡散臭い!ネットの声をまとめた

 

当記事の結論

  • 一部に「マイクロプラスチックを話題にしてる環境運動家が胡散臭い」という声がある

 

マイクロプラスチックとは

 

マイクロプラスチック(英: microplastics)は、(生物物理学的)環境中に存在する微小なプラスチック粒子であり、特に海洋環境において極めて大きな懸念材料となっている。

もともとは、レジ袋、コンビニの弁当箱、ペットボトルの蓋などのプラスチックゴミ(一般的にプラゴミと呼ばれる)である。

ポイ捨てされたもの、ゴミ箱からあふれて処理されず放置されたものなどが河川や下水に侵入したり、風に飛ばされたりして最終的に海へ流れ着いている。

海洋を汚染するマイクロプラスチックの大半は人間が日々の生活で排出されたものに由来している。

 

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%AF

 

マイクロプラスチック問題は胡散臭い!ネットの声をまとめた

 

マイクロプラスチック問題は胡散臭い!ネットの声をまとめた
「マイクロプラスチック」を検索するとキーワード候補に「胡散臭い」が出るんだけど、どうして?

 

マイクロプラスチックを検索すると、キーワード候補に「胡散臭い」の文字が。

なぜでしょうか。以下に代表的な意見を挙げてみます。

 

 

-ネットの声・評判

© 2022 あざらし情報局