PC・ガジェット

DbD専用ヘッドホン「Astro A50」使用感レビュー【キラー勝率2割増】

2021年2月7日

  1. HOME >

DbD専用ヘッドホン「Astro A50」使用感レビュー【キラー勝率2割増】

2021年2月7日

DbD専用ヘッドホン「Astro A50」使用感レビュー【キラー勝率2割増】

 

[デッドバイデイライト、キラーでなかなか勝てない・・・

 

最近デッドバイデイライト(以下「DbD」)を始めました。

サバイバーだと勝ったり負けたりできるものの、キラーだと全く勝てないんですよね・・・。

そんな中、「Astro A50というヘッドセットが最強である」という話を耳にし、早速購入してみました。

その結果、なんとキラーの勝率が2割ほど上がりました。

 

使用感などをレビューしてみたいと思います。

 

 

DbD専用ヘッドホン「Astro A50」開封の儀

 

さすがのAmazon。注文した翌日に届きました。

 

 

梱包はこんな感じ。

化粧箱の角が潰れているのが気になりますが、転売の予定はないので特に気にしていません。

 

 

化粧箱はこんな感じ。

うーん、角が凹んでいるのがちょっと残念。

 

 

箱を開けると、こんな感じで入っています。

 

 

簡素なマニュアル。

 

 

本体の重さは約360g。

 

 

クレードルをPCと接続し、セットするとこんな感じになります。

 

 

装着してみました。フィット感はさすが高級品!

 

 

筆者は自宅にいる時はメガネをかけていますが、かけたままつけてもそれほど違和感は感じません。

 

ここからはおすすめポイントと、ちょっと残念と感じたところをレビューしてみたいと思います。

高級品だけあって、おすすめポイントばかりです!

 

DbD専用ヘッドホン「Astro A50」おすすめポイント

 

とにかく音が良い

これまでiPhoneに付属していたイヤホンを使っていましたが、それと比べると段違いに音が良いです。

例えばDbdでサバイバーを索敵するシーンがあると思いますが、カラスの鳴き声や草むらのカサカサ音、負傷やはいずりさせた時のうめき声が本当にクリアに聞こえます。

「Dbdは音ゲー」と言う人がいるくらい音が重要なこのゲーム。

高級ヘッドセットを使うと違うんだな、ということが身に染みて分かりました。

 

開放型なので周囲の音も聞こえる

これは装着してみないと分からない不思議な感覚。ヘッドフォンで大きな音を聞いていても、周囲の音が聞こえるのです。

私の場合、家族が寝静まった深夜にプレーすることが多く、DbDのようなホラーゲーム中に急に起きてこられるとびっくりして心臓が飛び出てしまいます。

プレーしながら外の音も聞こえるので、心臓にも良いです。

 

長時間装着しても疲れない

本体重量360g。

「缶ジュース1本分をずっと頭に乗せてるのと同じか。疲れそうだな・・・。」と考えていたのですが、全然そんなことはありませんでした。

フィット感が良く、長時間装着していても全然疲れないのです。

恐らくイヤーマフの材質や、サイズの無段階調節が効いてるのではないかと想定。

以下のように目安となる目盛りはあるものの、無段階で調節が可能です。

 

 

安いヘッドセットだと1cm刻みの段階調節だったりしますが、それとは全然違います。

 

クレードル付きで充電が簡単

冒頭の写真の通り、使わない時にクレードルに置くだけで充電完了です。

余計な充電コードを本体に挿したりする必要はなく、本当に楽ちん。

またフル充電時の連続稼働時間は15時間とあります。

普段使いでそこまで持つとは思えませんが、仮にその半分の7時間だったとしても、普通にゲームをプレーする分には全く問題ありません。

使わない時にクレードルに置いておくようにすれば大丈夫でしょう。

 

電波の飛びも良い

普段ゲームをする際、寝室にあるゲーミングデスクトップを母艦とし、手元のノートPCでリモートプレーをしています。

2階にある母艦にヘッドセットのクレードルを接続させているわけですが、電波の飛びはとても順調で、家の中であればどこにいても音が途切れることはありません。

 

ミュートが簡単

多くのヘッドセットと同じように、マイク部分を畳めばミュートになります。

友人とボイチャしながらゲームを楽しむ中、トイレに行きたくなっても、わざわざヘッドセットを外さなくても、マイクを畳めばミュートになります。

また手元で電源や音量、イコライザON/OFFなどの操作ができる点もポイント高いです。

 

 

またどういう機構になっているか不明ですが、頭から外してテーブルなどに置くと自動で電源が切れるようになっています。

充電池の節約になるので、これも嬉しい配慮。

 

DbD専用ヘッドホン「Astro A50」残念なところ

高価

まぁ残念なところというわけではないですが、高価です。

本体とクレードルのセットで大体3万円弱くらいします。

また「Mod Kit」という、付け替えれば密閉型になるイヤーパッドが販売されているのですが、これだけでも5,000円近くという値段。

 

 

安いヘッドセットなら買えてしまうくらいの値段なんですよね。

DbDのキラーの勝率が2割上がることを考えたら、これを高いと思うかどうかです。

 

取り扱いに気を遣う

高価なだけあって、取り扱いにはとても気を遣います

特にお風呂上りで髪が濡れている時や、整髪料を付けている時はそのまま装着するのが躊躇われます。

イヤーマフやヘッドトップのスポンジなど、せめて消耗品くらいは安価に提供してもらえると嬉しいんですけどね・・・。

 

化粧箱が凹んでいた

私だけかもしれませんが、冒頭の写真の通り、明らかに使用した跡があったり、化粧箱を落とした跡がありました。

高級品なのでこういうことがあるとちょっと残念ですよね・・・。

 

 

DbD専用ヘッドホン「Astro A50」使用感レビュー まとめ

 

決して安い金額ではありませんが、DbDにおけるキラーの勝率2割増とトレードオフと考えたら、個人的には納得のいくガジェットと思います。

キラーでお悩みの方は是非一度試してみて下さい。

 

-PC・ガジェット

Copyright© 1blog.jp , 2021 All Rights Reserved.