ネットの声・評判

ミシュランのタイヤ「プライマシー4」はうるさいのか ネットの声をまとめた

2021年8月24日

 

ミシュランのタイヤ「プライマシー4」はうるさいのか ネットの声をまとめた
「プライマシー4」を検索するとキーワード候補に「うるさい」が出るんだけど、本当?

 

プライマシー4を検索すると、キーワード候補に「うるさい」の文字が。

本当でしょうか。ネットの声をまとめてみました。

 

プライマシー4とは

 

プライマシー4は、ミシュランが製造・販売するタイヤ。

2018年に発売され、その静粛性と省燃費性、タイヤ性能から大ベストセラーとなっています。

車好きの芸能人の中でもファンが多いことでも有名です。

 

 

プライマシー4は本当にうるさいのか ネットの声をまとめた

 

果たして、プライマシー4は本当にうるさいのでしょうか。

ネットの声をまとめました。

 

プライマシー4はうるさいという声

 

 

プライマシー4は良いという声

 

 

プライマシー4は本当にうるさいのか ~まとめ~

 

ネットの声を集めたところ、「うるさい」という意見は少なく、多くは「静か」または「高速であれば静か」というものでした。

参考になれば幸いです。

 

 

車の買取査定をメールだけで済ませる方法

 

ミシュランのタイヤ「プライマシー4」はうるさいのか ネットの声をまとめた
愛車の買取査定をしたいけれど、業者から電話がガンガンかかってくるのは嫌!
電話でのやり取りをせずにメールだけで済ませたい
ミシュランのタイヤ「プライマシー4」はうるさいのか ネットの声をまとめた

 

新車を購入する際に今の車を買い取ってもらうことが多いと思いますが、ネットでよくある一括査定サービスに普通に申し込むと申し込んだ直後に各業者からガンガン営業電話がかかってきます。

今の時代、知らない相手と電話で会話するのは非常にストレスになると思いますので、ここでは電話無しにメールだけで査定を済ませる方法をご紹介します。

結論としては以下です。

 

結論

  • 「輸入車買取ENG」を利用する ※対象車種に制限あり
  • ENGが利用できない場合、カーセンサーを利用する。※査定先は「カーセンサー」のみとすること。特に「ガリバー」「ビッグモーター」を対象から外すことに注意!

 

「輸入車買取ENG」を利用する ※対象車種に制限あり

 

輸入車買取ENGは、中古車の輸出を目的とする買取サービスを行なう業者。

買い取り対象車は海外で人気のあるトヨタ車と一部外車に限られるものの、中間マージンが無いため高額査定が期待できます。

 

ENGの買い取り対象車種

  • アルファード
  • ヴェルファイヤ
  • エスティマ
  • ウィッシュ
  • ハリアー
  • ランドクルーザー
  • ベンツやBMW、MINIなどの一部外車

 

 

申し込みの際「電話対応の手間を省くために、詳細を入力したい方はこちら」をクリックすると表示される詳細入力欄の「備考」に、メールやショートメールでの連絡を希望する旨を書いておけばOKです。

 

 

カーセンサーを利用する

 

ENGの買取対象車種でない場合、リクルートの買取サービス「カーセンサー」を利用します。

その際大事なことは以下の通り。

 

ココに注意

  • 査定先は「カーセンサー」のみとする
  • 「連絡希望時間帯」の欄に「メールのみの連絡を希望」と書いておく
  • ※特に「ガリバー」と「ビッグモーター」を一括査定の対象から外し忘れないように注意

 

業界の中で一番大人しく、マナーが良いのがこのカーセンサーです。

査定先をカーセンサーのみとして、かつ自由記述欄のある「連絡希望時間帯」のところに「連絡はメールのみ」と記載すれば、余程のことがない限り電話はかかってきません。

特に注意しないといけないのは、「ガリバー」と「ビッグモーター」一括査定先から外し忘れないように注意すること。

間違って査定を申し込むと10分以内に営業電話がかかってきます。

しかも電話を無視してもずっとかけ続ける異様なしつこさ。この2社とは関わらないほうが無難です。

 

-ネットの声・評判

© 2022 あざらし情報局