ネットの声・評判

「ゼルダの伝説 夢をみる島」はつまらないのか ネットの声をまとめた

 

当記事の結論

  • 「ゲームボーイ版は面白かったのに、Switchのリメイク版はつまらない」という声が多数

 

「ゼルダの伝説 夢をみる島」とは

 

「ゼルダの伝説 夢をみる島」(ゼルダのでんせつ ゆめをみるしま)は、1993年に任天堂から発売されたゲームボーイ用アクションアドベンチャーゲーム。

「ゼルダの伝説シリーズ」第4作目。

主人公のリンクが「コホリント島」から脱出する事を目的としたストーリーになっています。

後にゲームボーイカラー対応版として「ゼルダの伝説 夢をみる島DX」が発売され、2011年にはニンテンドー3DS用のバーチャルコンソール対応ソフトとして配信されました。

芸能界にもそのファンは多く、テレビ番組だけでなくCMやラジオでも活躍しているので、名前をご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

ゼルダの伝説 夢をみる島は本当につまらないのか ネットの声

 

「ゼルダの伝説 夢をみる島」はつまらないのか ネットの声をまとめた
「ゼルダの伝説 夢をみる島」を検索するとキーワード候補に「つまらない」が出るんだけど、本当?

 

「ゼルダの伝説 夢をみる島」を検索すると、キーワード候補に「つまらない」の文字が。

本当でしょうか。ネットの声をまとめてみました。

 

 

-ネットの声・評判

Copyright© あざらし情報局 , 2022 All Rights Reserved.