1blog.jp

〜フツーの会社員が日々の雑記を徒然なるままに〜

旅行・外出

【タイ観光】射撃場で実弾を打ってみた話

【タイ観光】射撃場で実弾を打ってみた話

死ぬまでに一度、実弾を打ってみたい!

タイでその願いを叶えてきましたので、様子をレビューしてみたいと思います。

BKKシューティングさんのきめ細やかなおもてなしのお陰で、非常に楽しく、良い経験をすることができました。

申し込み

今回お世話になったのはこちら。「BKKシューティング」さん。

ホームページの最下部にLINEのアドレスが掲載されており、こちらに友達登録すると、責任者のMARU @integral0707 さんと直接やり取りをすることができます。

日本人の方なので、安心してやり取りできます。

当日はホテルまで無料送迎して頂いたのですが、

  • 車両の写真
  • ドライバーの方の顔写真

まで送ってくださるという、きめ細やかなご配慮。

お陰様で当日は問題なく合流することができました。

射撃場までの移動

射撃場までは送迎車で1時間弱。

場所は非公開のようなので差し控えますが、高速に乗って移動します。

現地到着

1時間弱車に乗って連れて行ってもらったのは、タイ軍の射撃演習場でした。

この施設、観光用ではなく、実際に軍が射撃練習を行っている施設とのこと。

現地に到着するとチュートリアルルームに通され、

  • チュートリアル(注意事項など)
  • ジャケットやゴーグル、イヤーマフなどを装備
  • セットメニューの選択

を行います。

銃の説明。

※価格は記事執筆時点のものです。

個人的なおすすめは、マスターセット(130発)。

ベーシックセットではすぐ打ち終わってしまいそうですし、ショットガンを含む様々な銃を打てるからです。

実際やってみて、この選択は正解でした。

射撃の様子

チュートリアルが終わったら、いよいよ射撃場に移動します。

ここで一人一人打っていくわけです。

射撃が始まると凄い音がしますので、必ずイヤーマフをしておきましょう。

必ず一人、警察官の方が横でついてくれるので安心です。

また、スマホを渡しておけば、銃撃中のカッコ良い写真や動画を撮影してくれます!

足元にはおびただしい薬きょうが。

薬きょうが背後にどんどん飛んできますので、4~5m離れた所でも体に当たったりします。

ゴーグルを外すと危ないです。

こちらはライフルでの射撃の様子。

ライフルは銃身が固定されており、衝撃が少なく的を狙いやすい感じ。

私はライフルが一番好きでした。

射撃終了後はお付き合い頂いた警察官の方に、チップとして一人100バーツを渡します。

チップ文化が無い我々にとっては、ちゃんと額を指定してもらえるのはありがたいです。

 

その後チュートリアルルームに戻り、おしぼりをやお茶、マンゴーを頂きました。

この時食べたマンゴーが非常に美味しく、写真を撮り忘れた事を後悔しています・・・。

 

射撃の結果はこちら。

実際に打った的や薬きょうの空箱は、もらえます。

ハンドガンでは頭、ショットガンでは胸を狙ってみたのですが、けっこううまく狙うことができ、褒められました(^^)

ライフルの結果はこちら。

中心より下に集まってしまっていますが、じつはこちら、打つ前になんとなく気づいていたのです。

でも、上下の調整の仕方が分からず、そのまま打ってしまいました・・・。

次回行ったときはもう少しうまく狙えるはず。

【タイ観光】射撃場で実弾を打ってみた話 まとめ

BKKシューティングさんのお陰で、非常に楽しく良い経験をすることができました。

実はBKKシューティングさんに予約する前、バンコク市内に受付場所を持つ「タイ国軍公式」を謡う同様のサービスにも足を運んだのですが、こちらは担当の方の対応が良くなく、個人的にはあまりおすすめできません。

※「公式」を謡っているせいか、時間やマナー、服装に非常に厳しく、観光客向きではない

担当のMARUさんのホスピタリティに触れたい方、嫌な思いをしたくない方は、是非こちらの「BKKシューティング」さんをおすすめしたいと思います。

その他、旅行・外出関連のまとめ記事はこちら。

旅行・外出関連の記事まとめ

続きを見る

-旅行・外出

Copyright© 1blog.jp , 2020 All Rights Reserved.