ネットの声・評判

買ってはいけないブルーレイレコーダーって? ネットの声をまとめた

2021年12月11日

 

この記事の結論

  • 東芝製レコーダーは中身がFUNAI製の場合があるため要注意
  • 購入するなら「全録(タイムシフト録画)対応」「外付けHDDの増設が可能」「スマホ対応」のものがおすすめ

 

買ってはいけないブルーレイレコーダーって? ネットの声をまとめた

 

買ってはいけないブルーレイレコーダーって? ネットの声をまとめた
ブルーレイレコーダーを買いたいけど、失敗したくない
ネットショップやランキングサイトの情報ではなく、消費者の生の声を知りたい
買ってはいけないブルーレイレコーダーって? ネットの声をまとめた

 

ブルーレイレコーダーを検索すると、キーワード候補に「買ってはいけない」の文字が。

どのような機種を買ってはいけないのでしょうか。ネットの声をまとめてみました。

 

買ってはいけないブルーレイレコーダーって? ネットの声

 

主なネットの声を上げてみます。

 

 

では、買うべきブルーレイレコーダーってどれ?

 

買ってはいけないブルーレイレコーダーって? ネットの声をまとめた
それなら、どんなブルーレイレコーダーを買うべきなの?

 

ここまで「買ってはいけないブルーレイレコーダー」を紹介してきました。

逆にどんなのを選べば良いのでしょうか。

独自の視点でまとめてみました。

 

買うべきブルーレイレコーダーのポイント

  • 「全録(タイムシフト録画)」できるもの ※必須
  • 外付HDDを増設できるもの
  • スマホから操作が可能なもの

 

「全録(タイムシフト録画)」できるもの ※必須

 

とにかくこれ。「全録」できるものが断然おすすめ

「全録」とは、予め指定したチャンネルの番組を24時間録画し続け、後から見られるタイプのものです。

常に録画し続けてくれているので、例えばネットやSNSで話題になった番組を自宅に帰った時にすぐ見られます。

また特に興味のない番組でも、話題になった部分だけをピンポイントで観ることも可能。

この「全録」は、テレビ視聴のスタイルが完全に変わるくらいのインパクトがあります。

 

外付HDDを増設できるもの

 

続いてはこれ。

録画容量が一杯なった時に外付HDDを増設できるタイプがおすすめ。

例えばSONY製品などは自社製品の囲い込み戦略を進めているため、外付HDDを増設したりすることができません。

最近は外付HDDの価格も下がっているので、拡張性まで考慮しておいて損はないです。

 

スマホから操作が可能なもの

 

「全録」タイプを選ぶ/選ばないに関わらず、スマホから操作可能なタイプがおすすめです。

出先から急に録画予約をしたりはもちろんのこと、同じ宅内にいればスマホからテレビや録画した番組を観ることができます。

またレコーダー再生とスマホ再生が連動しているので、途中からスマホ視聴に切り替えても再生場所が記憶されています。

 

実はこれら「全録(タイムシフト録画)」「外付HDDが増設可能」「スマホ対応」全てを満たすレコーダーは、パナソニックのDIGAと東芝のREGZAしかありません。

代表的な機種は以下の通りです。

 

機種 DIGA DMR-2X200 DIGA DMR-2X301 REGZA DBR-M4010 REGZA DBR-M4008
メーカー パナソニック パナソニック 東芝 東芝
録画可能期間 6チャンネル16日間 6チャンネル24日間 6チャンネル15日間 7チャンネル16日間
外付HDD 増設可能 増設可能 増設可能 増設可能
スマホ対応 対応(どこでもDIGA) 対応(どこでもDIGA) 対応(スマホdeレグザ) 対応(スマホdeレグザ)
ポイント テレビのメーカーに限らずおすすめ テレビのメーカーに限らずおすすめ テレビがREGZAならおすすめ テレビがREGZAならおすすめ

 

具体的に解説していきます。

 

パナソニック DIGA DMRシリーズ

 

まずは全録の代名詞、私も愛用しているパナソニックのDIGA。

特に難しい操作をしなくても、6チャンネルを自動で数週間分録画してくれます。

さらにはスマホアプリ「どこでもDIGA」に対応しているので、家の中のどこにいても放送中の番組や録画番組を見れたり、番組表をチェックすることが可能。

また外付HDDにも対応しているので、容量が一杯になったら簡単に増設することが可能です。

 

一つだけ欠点があるとすると、リモコン配置が複雑であることと、メニュー画面のインタフェースが良くない点。

今時回転ずしのパネルですらAndroid対応しておりヌルヌル動きますが、それよりも操作性が悪いのでここは目をつぶらないといけません。

 

なおDMR-2X200とDMR-2X301の違いは録画可能期間です。

全録期間が16日でOKという人は2X200、24日間欲しいという人は2X301を選ぶと良いでしょう。

 

 

※上位機種で「DMR-4X600」というものがあり、こちらは約1ヶ月(28日間)録画可能ですが、通常そこまで長期間は必要ないことが多いのと、値段が倍以上しますので、ここでは割愛しています。

(容量が気になるなら後述の外付けHDDを増設すればOKです)

 

ちなみに、どちらの機種もHDMIケーブルが付属していないので、お持ちでない方は以下の製品をどうぞ。

4K/60p、18Gbps高速伝送に対応したプレミアムHDMIケーブルです。

長さは1.5mもあれば十分です。

 

 

残しておきたい録画番組が増えた時は、以下の外付けHDDがおすすめです。

USB3.0対応のため、転送速度は申し分無しです。

 

 

録画をパソコンから観たい場合は、DIGA専用の有料アプリ「DiXiM Play for DIGA」を導入すればOK。

無料で観たい方は、少し煩雑にはなりますが、PC上のエミュレーターから「どこでもDIGA」を立ち上げる方法があります。

詳細は以下の記事にまとめていますので、お時間のある方はこちらもどうぞ。

 

買ってはいけないブルーレイレコーダーって? ネットの声をまとめた
【無料】DIGAで録画した番組をパソコンで観る方法

続きを見る

 

キャプチャーボードを買えば、DIGAで録画した番組をPCに保存することもできます。

 

買ってはいけないブルーレイレコーダーって? ネットの声をまとめた
【備忘】古いブルーレイレコーダーのデータをキャプチャーした話

続きを見る

 

どこでもディーガ

どこでもディーガ
開発元:Panasonic Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

東芝 REGZA DBRシリーズ

 

パナソニックDIGAと双璧をなすのが、東芝のREGZA。

基本的な性能はDIGAと同様ですが、テレビが東芝REGZAの方はこちらを選ぶことをおすすめします。

理由は、レグザリンクをすることで一つのリモコンでレコーダーやテレビを操作することができるから。

テレビとレコーダーそれぞれのリモコンを使い分けなくて済むようになります。

前述の口コミの通り中身はFUNAI製の可能性はゼロではありませんが、それを気にしない人にはおすすめです。

 

なお今回紹介しているDBR-M4010とDBR-M4008の違いは、録画可能チャンネル数。

地上波だけでなくBSも録画しておきたいという方は、少し値が張りますがDBR-M4008がおすすめです。

 

 

スマホdeレグザ

スマホdeレグザ
開発元:TVS REGZA CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

 

こちらの製品もHDMIケーブルは付属していませんので、テレビと接続する場合は以下の商品をどうぞ。

また外付けHDDも載せておきます。

 

 

ぜひ、「全録(タイムシフト録画)」対応機種をゲットし、テレビの視聴スタイルを劇的に変えてみてください。

 

Amazonで大きな買い物する時は「Amazonギフト券」を使わないと損をする

 

結論

  • 事前にAmazonギフト券に現金チャージすればポイントが貯まる
  • 現金チャージとは、コンビニ振込、ネットバンキング決済、ATM振込のこと
  • おすすめは手数料がかからないコンビニ振込

 

 

Amazonで大きな買い物をする時は、必ず「Amazonギフト券」に現金チャージしてから買うようにしましょう。

普通にクレジットカードで買ってしまうと、数百円~数千円のポイントをむざむざと捨てることになります。

現金チャージ額とポイントの料率は以下の通り。

Amazon Prime会員の方がお得です。

 

1回のチャージ金額 通常会員
ポイント率
通常会員
ポイント額
Prime会員
ポイント率
Prime会員
ポイント額
5,000円~ 0.5% 25円 1.0% 50円
20,000円~ 1.0% 200円 1.5% 300円
40,000円~ 1.5% 600円 2.0% 800円
90,000円~ 2.0% 1,800円 2.5% 2,250円

 

「Amazonギフト券」はAmazon内の通貨のようなもので、ギフトという名前ではありますが本人も使えます(もちろん贈答することもできます)。

ポイントが付与されるのは、コンビニ振込かネットバンキング決済、ATM振込いずれかの現金振込の場合。

クレジットカード購入ではポイントは付きませんのでご注意ください。

 

-ネットの声・評判

Copyright© あざらし情報局 , 2022 All Rights Reserved.