ネットの声・評判

米国公認会計士(USCPA)は意味がない!ネットの声をまとめた

 

当記事の結論

  • 好意的な意見が大多数ではあるものの、ごく一部に「意味ない」という声もある

 

おことわり

当サイトの一部記事では、各社のサービス利用規約を順守したうえで、検索需要のあるキーワードに関連するツイートや動画を自動引用しています。
対象となる人物や企業、サービスなどを誹謗中傷する意図はございませんが、万が一内容に関して問題がございましたら削除させていただきます。
TwitterのDMまでお問い合わせください。

米国公認会計士(USCPA)とは

 

米国公認会計士(べいこくこうにんかいけいし、Certified Public Accountant、USCPA)は、米国各州が認定する公認会計士資格であり、CPAとも呼ばれる。

米国での公認会計士資格は各州ごとで取得・登録される。Mobility Actにより州外での業務も大学の単位を150単位以上取得している等の条件を満たせば自由に行える。

なお、試験自体は統一試験となり、米国公認会計士協会(American Institute of Certified Public Accountants; AICPA)が試験を作成し採点する。

採点された試験は全米州政府会計委員会に渡り各州で登録される。このため州によって試験の難易度に差はない。

試験に合格したCertificate保有者とAICPA(The American Institute of Certified Public Accountants)に所属する営業許可(Licence)を持った米国公認会計士は百万人程いる。

 

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E5%85%AC%E8%AA%8D%E4%BC%9A%E8%A8%88%E5%A3%AB

 

米国公認会計士(USCPA)は意味がない!ネットの声をまとめた

 

米国公認会計士(USCPA)は意味がない!ネットの声をまとめた
「米国公認会計士」を検索するとキーワード候補に「意味ない」が出るんだけど、そうなの?
一般の人の生の声を聞きたい
米国公認会計士(USCPA)は意味がない!ネットの声をまとめた

 

米国公認会計士を検索すると、キーワード候補に「意味ない」の文字が。

そうなのでしょうか。ネットの声をまとめてみました。

 

 

-ネットの声・評判

© 2022 あざらし情報局