1blog.jp

〜フツーの会社員が日々の雑記を徒然なるままに〜

PC・ガジェット

レッツノート(Lets Note)CF-NX3のバックライトが故障したので別筐体にHDDを入れ替えた話

2019年6月19日

Lets Note CF-NX3のバックライトが故障し、最終的にもう一台同じ機種を購入し、HDDを入れ替えた話です。

 

レッツノート(Lets Note)CF-NX3のバックライトが故障したので別筐体にHDDを入れ替えた話

 

私の愛機「Lets Note CF-NX3」。

中古市場のタマも多く、本当におすすめの一台です。

 

 

メモリを16GBまで増設し、さああと数年は使い倒してやろう!と意気込んでいた最中、急にバックライトが点灯しなくなってしまいました。

 

 

写真だと分かりづらいのですが、画面が暗くて見づらくて全然使い物になりません・・・。

ネットでバックライトの交換の方法を調べたのですが、かなり難易度が高そうで面倒臭そうだったので、修理に出すことにしました。

で、秋葉原のLUMIX & Lets note修理工房へ。

 

 

LUMIX&Lets note修理工房

  • 住所:東京都千代田区外神田1-8-1 第三電波ビル1F
  • 電話番号:03-3251-4616
  • 受付時間:月~土  9:00~19:00、日・祝 10:00~18:00 ※即日修理受付時間は12:00まで
  • 定休日:お盆及び年末年始

 

即日修理がウリのこの工房。

建物の中は写真撮影禁止だったので写真はありません。

電源を入れたり、外部モニタにつないだり、、、

色々問題の切り分けをして頂き、バックライトとインバータの交換の見積もりを見てびっくり。

なんと全部で40,000円するとのこと。

中古で買った本体より全然高いんですけど・・・

というわけで修理は諦め、新品を物色し始めたのですが、今時点特に欲しいと思うモデルが無かったため、同機種を購入し、HDDやメモリを載せ替えるという選択をしました。

 

同型のCF-NX3を中古で購入する

 

今回、CF-NX3を購入したのはこちらのサイトです。

激安中古パソコンショップ【junkworld】

2万5千円くらいなので、修理で4万かかることを考えたら全然安いです。

ちなみに中古は在庫が変動するので、Amazonや楽天、Yahooショッピングでも探してみることをおすすめします。

購入した商品のスペックはこちら。

企業モデルでカスタマイズされているため、各商品メモリやHDDの容量が微妙に違います。

簡単にスペック概要のおさらいです。

 

  • CPU:i3 4010U
  • メモリ:4GB ※
  • HDD:HDD 320GB ※
  • 光学ドライブ:無し
  • OS:Windows10 Pro 64bit
  • 重量:1.13kg(バッテリーパックS装着時)

 

「※」部分が、今私が持っている機器と違う点です。

せっかく分解するならメモリも増設しちゃいましょう。

CF-NX3はメモリスロットが2つあるので、8GBを2枚買えば16GBまで行けます。

 

 

いざ、開封の儀

 

ジャンクワールドさんの良いところは、決済後すぐに発送をしてくれる点。

月曜の深夜に注文を完了し、水曜には届きました。

実際に届いた商品がこちら。

 

 

 

 

必要十分な包装。

商品は中古の割には綺麗でした。

元々持っていた機器と並べてみました。

 

 

 

上が元々持っていた機器、下が今回購入した機器です。

 

新機器とのHDDの入れ替え

 

早速ですが、HDDの入れ替えをしていきます

HDDはバッテリーを外したココから取り出せます。

まずはネジを外しましょう。

分解におすすめなのが、こちらの精密ドライバーセット。

数百円で買えるので、一家に一つあると色々便利です。

ネジは一つしかないので迷いようがないです。

 

 

ネジを外すと、金属のフタ?を外せるようになります。

右にスライドすれば外れます。

白いフィルムを爪でひっかけて引き出します。

 

 

このフィルムが、粘着質でHDD自体にダイレクトに張り付いています。

そのまま垂直に引っ張り出せば、HDDを取り出すことができます。

 

 

 

 

あとはコネクタを外し、HDDを入れ替えるだけです。

 

新機器とのメモリの差し替え

 

メモリを16GBいっぱいいっぱいまで増設しているので、こちらも載せ替える必要があります。

こちらは以下の記事で説明しています。

レッツノート(Lets Note)CF-NX3のメモリ増設 8GBから16GBへ~実践編~

続きを見る

メモリ交換途中、無意味にこんな写真を撮ってみました。

 

 

問題なく起動。注意点は?

 

特に問題無く起動し、使えていますが幾つか注意点があります。

 

BIOSの設定

購入した新機器はHDD、旧機器はSSDだったのですが、BIOSの設定でUEFIを有効にするのを忘れてOSが起動しないという事があり、一瞬だけ焦りました。

方法は簡単。起動時「Panasonic」のロゴが出ている際に、F2やDelキーを連打しBIOS設定画面に入り、UEFIを有効にするだけです。

逆にHDDを入れた側の機器は、UEFIを無効にします。

設定はすぐにできるので特につまづくことは無いと思います。

 

Windowsの認証

そのまま使い続けていると、画面右下にライセンス認証のアラートが出続けます。

「ライセンス認証」の「トラブルシューティング」を押せば認証されます。

 

Microsoft Officeの認証

SSD入れ替え後、初めてOfficeを起動する際、一度だけ認証の画面が出ます。

こちらはプロダクトキーなどを入れる必要は無く、「次へ」「次へ」と進んでいけば大丈夫です。

Officeは1アカウントで5台までインストール可能という制限があり、筐体を入れ替えると別のPCと認識されます。

つまり筐体を4回切り替えると制限がかかってしまいますのでご注意ください。

 

Google Chromeが真っ黒になった

入れ替え後、Google Chromeを立ち上げたら、なぜかウィンドウが真っ黒になりました。

Chromeの設定から

  • 「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」

をオフにしたら、治りました。

 

ドライバを再認識させる必要がある(場合がある)

当記事執筆後、更にもう一度別の筐体にSSDを載せ替えた際の話。

今度は内蔵カメラ&マイク付きのものに変えたのですが、なぜかうまく動作せず、ドライバを再インストールしたら治りました。

やり方は、Windowsボタンを右クリック「デバイスマネージャー」からの「アンインストール」です。

 

 

※ドライバをアンインストールしても、再起動すれば勝手に読み込んでくれます。

 

レッツノート(Lets Note)CF-NX3のバックライトが故障したので別筐体にHDDを入れ替えた話 まとめ

 

2019年現在、メモリ16GBのモバイルノートPCを新品で購入しようとすると、10万円弱してしまいます。

中古のLets Noteを購入し増設すれば3~4万円くらいで済みますので、皆さんも是非試してみて下さい。

 

分解におすすめなのが、こちらの精密ドライバーセット。

数百円で買えるので、一家に一つあると色々便利です。

その他、PC・ガジェット関連記事のまとめはこちらです。

PC・ガジェット関連の記事まとめ

続きを見る

-PC・ガジェット

Copyright© 1blog.jp , 2020 All Rights Reserved.