1blog.jp

〜フツーの会社員が日々の雑記を徒然なるままに〜

PC・ガジェット

【実は5種類】レッツノート(Lets note)CF-NX3の細かな仕様の違いを徹底解説

2019年10月29日

【実は5種類】レッツノート(Lets note)CF-NX3の細かな仕様の違いを徹底解説

 

私が愛してやまない名機「Lets noet CF-NX3」。

  • 中古なのに最新機種並みの増設が可能
  • ドライブレスで軽い
  • 法人モデルのため中古流通数が多く、安価

と、良い所尽くしの機種ですが、中古で買う際は微妙な型番の違いに悩まされます。

この記事では、各型番の微妙な違いを解説しています。

 

 

CF-NX3 5つの型番の違い

 

各型番の違いをまとめると以下です。

OSや標準搭載ソフトウェア、HDDなど、中古で買う際は恐らくアップグレードや交換されている部品は除きます。

現在であれば中古品は「Windows10、Office互換ソフト、SSD換装」が主流となっているからです。

 

◀スマホは左スクロールで表示できます

モデル名 型番 CPU ワイヤレスWAN 内臓カメラ
標準モデル CF-NX3EDHCS Core i5-4300U
標準モデル(Office搭載モデル) CF-NX3EMHCS
Xi(LTE)対応ワイヤレスWAN内蔵モデル CF-NX3EFRCS
バッテリーSモデル CF-NX3EDGCS
Core i3 バッテリーSモデル CF-NX3XDJCS  Core i3-4010U

 

ちなみに上から2つ「CF-NX3EDHCS」「CF-NX3EMHCS」の違いは、Officeがプリインストールされていたかどうかです。

中古で買う際はMicrosoft Office互換製品などがインストールされている場合が多いので、特に意識する必要はありません。

 

違い1:CPUスペック

 

CF-NX3には、

  • Core i5モデル
  • Core i3モデル

の2種類があります。

2つのCPUについては、ブログ執筆やネット閲覧など、通常の使い方であれば特に意識する必要はありません。

多少スペックの落ちるCore i3モデル(CF-NX3XDJCS)が安価かと思いきや、中古で買う際はOfficeの有無やSSD、傷や汚れなどの程度の方が価格に影響を及ぼすため、このモデルを狙い撃ちする必要もありません。

 

違い2:ワイヤレスWANの有無

 

「CF-NX3EFRCS」にのみ、ワイヤレスWANに対応しています。

ドコモのUIMカードスロットが搭載されており、こちらにカードを挿すことでPC単独で通信ができるわけです。

通常の使い方をする人であれば、特に必要は無いでしょう。

もちろんワイヤレスWANに対応していなくても、無線LANやbluetoothには対応していますので、問題なくインターネット接続できます。

 

違い3:内蔵カメラの有無

 

バッテリーSモデル以外の3型番には、内蔵カメラが付いています。

Skype for webやGoogle Hangoutなどを使ってweb会議をしたい場合は、内蔵カメラ付きのものを選ぶと良いでしょう。

ちなみに内蔵カメラあり/無しも、そこまで価格に違いはありません。

前述の通り、Office有無やSSD、程度による価格違いの方が大きいです。

 

【実は5種類】Lets note CF-NX3の細かな仕様の違いを徹底解説 まとめ

 

細かい型番の違いは、ネットを検索してもなかなか出てこないですし、メーカーが発表しているマニュアルの仕様を読み解くのは面倒なもの。

是非上記を参考にして、あなたにベストなCF-NX3と巡り合ってください!

その他、PC・ガジェット関連記事のまとめはこちらです。

PC・ガジェット関連の記事まとめ

続きを見る

-PC・ガジェット

Copyright© 1blog.jp , 2021 All Rights Reserved.