殺人事件

京都アニ放火殺人事件からまもなく3年 遺族と会社が“慰霊碑”建立に向け「検討委員会」設置へ

36人が犠牲となった京都アニメーション放火殺人事件で、会社側が慰霊碑の建立に向けた検討委員会の設置を決めていたことが関係者への取材でわかりました。検討委員会は遺族と会社側の代表17人で構成され、月に1回程度会合を開き議論するということです。

-殺人事件

© 2022 あざらし情報局