殺人事件

八王子スーパー強盗殺人事件(ナンペイ事件)の考察

八王子スーパー強盗殺人事件(はちおうじスーパーごうとうさつじんじけん)とは、1995年(平成7年)7月30日夜に東京都八王子市大和田町のスーパーマーケット事務所内で発生した拳銃使用による強盗殺人事件である。
警視庁による正式な事件名は「大和田町スーパー事務所内けん銃使用強盗殺人事件」である。一般的な事件の名称は「ナンペイ事件」または「八王子スーパーナンペイ事件」とも呼ばれている。
本件は現在も懸命な捜査が続けられているものの、未だに犯人は特定も逮捕もされておらず、未解決事件となっている。また、本件は捜査特別報奨金制度(公的懸賞金制度)の対象事件にも指定されている。事件発生当時において、閉店後のスーパーマーケットを標的に銃器を使用して犯行がおこなわれた強盗殺人は、日本においては過去に前例がなく、日本の銃器犯罪の端緒となった事件でもある。犯行動機について、警視庁八王子署・特別捜査本部は当初、強盗殺人容疑に重点を置いて捜査していたが、現在では強盗および怨恨の両面で捜査が継続されている。

Wikipediaより引用
https://ja.wikipedia.org/wiki/八王子スーパー強盗殺人事件

使用楽曲素材サイト様
・DOVA-SYNDROME 様

気に入って頂ければチャンネル登録とTwitterフォロー宜しくお願いします!!!
・Twitter
https://twitter.com/srthorreurrazio

-殺人事件

© 2022 あざらし情報局