事件・事故・災害

飲酒運転で事故 22歳男を現行犯逮捕

12日朝、福岡市西区の国道で酒を飲んで車を運転したとして22歳の男が現行犯逮捕されました。
男の呼気からは基準値の3倍近いアルコールが検出されています。
酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されたのは佐賀県唐津市に住む山本景世容疑者です。
山本容疑者は、12日午前6時半ごろ、福岡市西区福重の国道で、隣の車線を走っていた車と接触事故を起こしました。
警察官が現場に駆けつけたところ、酒の臭いがしたため山本容疑者の呼気を調べると、基準値の3倍近いアルコールが検出されたということです。
調べに対し、山本容疑者は「酒を飲んで事故を起こした、間違いない」と容疑を認めていて、「酒は抜けていると思った」と話しているということです。
山本容疑者の車には知人男性2人が一緒に乗っていました。

-事件・事故・災害

© 2022 あざらし情報局