事件・事故・災害

知立市の殺人・死体遺棄事件 血痕の周囲に引きずったような跡 亡くなった男性を知る人「素直で真面目な子だった」(2022/5/13)

愛知県知立市の側溝で、殺害された男性の遺体が見つかった事件で、現場に遺体を引きずったような跡が残っていたことがわかりました。

この事件は、11日、知立市八橋町の側溝で、岡崎市の無職・三浦正裕さん(29)の遺体が見つかり、警察が殺人・死体遺棄事件として捜査しています。

(亡くなった三浦さんを知る人)
「素直で真面目な子。友達とも争いをするような性格の子じゃない」

三浦さんの遺体の近くには、脱輪した三浦さんの車があり、車内には血痕が残っていました。

また、車の外にも血痕がありましたが、その後の捜査関係者への取材で、血痕の周囲には引きずられたような跡が残っていたことが新たにわかりました。

警察は、何者かが遺体を側溝まで運んだ可能性もあるとみて調べています。

-事件・事故・災害

© 2022 あざらし情報局