事件・事故・災害

「制限なし」でGW中の事故増加の恐れ 高速道路での事故防げ静岡県警が取り締まり強化(静岡県)

静岡県警は、ゴールデンウィークの期間中、高速道路での重大事故を防ごうと取り締まりを強化しています。

 静岡県警高速隊などでは、5月8日まで、パトロールカーの台数を増やすほか、航空隊のヘリコプターで監視するなど、陸と空一体で取り締まりを強化しています。
静岡県警によりますと、2021年のゴールデンウィーク期間中、高速道路での交通事故は89件とコロナ禍前と比べると、1日平均の事故件数は半減しました。ただ、2022年は緊急事態宣言などの行動制限が出ていないことから、交通量が増え、事故件数も以前の水準に戻るのではと分析しています。
<静岡県警高速道路交通警察隊 岡澤尚浩副隊長>「高速道路では、交通事故を防止するため、前の車が急に止まっても衝突しないように安全な速度と車間距離を保って走行して欲しい」
 静岡県内では、ここ5年間、ゴールデンウィーク期間中、高速道路での死亡事故は起きておらず、静岡県警はあらためてすべてのドライバーに交通ルールの順守を呼び掛けています。

5月4日放送

-事件・事故・災害

© 2022 あざらし情報局